紛失したイモビライザーキーは販売店から安く取り寄せられる!

あなたは “Immobilizer”を知っていますか?

私はあまり聞くことができないと思うが、これは車に設置することができるセキュリティシステムである。

日本ではよく知られていませんが、ヨーロッパでは一般的です。

イモビライザー付きの車のキーは普通のものとは異なります。

ここでは、イモビライザーのメカニズムとイモビライザーキーのキーを詳細に紹介します。

「イモビライザー」のメカニズム

イモビライザーは、盗難から車を守るシステムです。

それはエンジンが電子的にキーと一致し、それが専用キーでなければ始動しないということです。

これまでの鍵は、キーが車の鍵穴に差し込まれ、機械的にマッチしたことでした。エンジンはオンになり、動くことができました。

したがって、誰かがキーを作成すると車を運転することができます。

イモビライザーキーにはチップが埋め込まれています。

機械的なオープニングが一致するだけでなく、このチップのIDコードが自動車側のIDコードと一致するまでエンジンが始動します。

したがって、イモビライザーキーの安全性は従来のキーよりも高い。

一方、セキュリティは高くなっていますが、イモビライザーキーのキーを作ることは難しいです。

見えてもイモビライザーキーが入っているかどうか判断できません。

まだ日本のマイナーイモビライザー

ヨーロッパでは、1995年以来、車にイモビライザーを設置する義務がありました。

したがって、イモビライザーは現時点でヨーロッパのほとんどの車に搭載されています。

その影響で、ヨーロッパの自動車の盗難は減少しているように見えます。

日本はいかがですか?

Immobilizerは2000年頃から日本に導入されています。

しかし、日本ではイモビライザーの設置を義務づける法律はないのであまり人気がありません。

日本で生産され、ヨーロッパに輸出されている自動車の場合、イモビライザーの取り付けは必須で、取り付けられています。

イモビライザーは日本では人気がありませんが、イモビライザーキーマッチキーを作ることは難しい要因の1つです。

あなたがイモビライザーキーを紛失した場合…

イモビライザーキーを紛失したらどうしますか?

ここでは、その場合の対応方法を紹介します。

ロッカーに相談する

ロッカーにイモビライザーのキーマッチキーを作成できる場所もあります。

ディーラーにキーのキーを依頼すると時間がかかりますので、時間がない場合は、ロッカーを取り扱うことができるかどうか尋ねることがあります。

ただし、ロッカーをリクエストすると、旅費も発生するため、販売店に問い合わせるよりもコストが高くなります。

販売店に相談する

十分な時間がある場合は、ディーラーにイモビライザーキーのキー入力を依頼することができます。

その場合、鍵を払う必要があるだけなので、ロッカーに依頼するよりもコストが低くなります。

ただし、目的地で鍵を紛失した場合は、車両を牽引し、鍵が到着するまで車を借りなければならず、ロッカーを求めるよりも高い場合があります。

イモビライザーキーを紛失した場合は、あなたの状況に応じて、ロッカーやディーラーが対処するかどうかを判断しましょう。

キーを作成する際の注意点

車のキーキーを用意するときは、イモビライザーが車に搭載されているかどうかを事前に把握しておく必要があります。

鍵を見るだけでイモビライザーが装備されているかどうかはわかりません。

名古屋でさえ知らないので、知らないうちにキーを作れば車は動かない。

事前に確認してください。

イモビライザーが車に取り付けられているかどうかは、車の側で確認することができます。

車のメーターの周りにキーが付いた車のマークがあるか、「セキュリティ」などと表示されている場合は、イモビライザーが取り付けられている可能性が高いです。

さらに、インターネット上で、イモビライザーキーのキーを作成できる業者を見つけることができます。

これらの業者に尋ねるときは、郵送でキーと車検証のコピーを送付します。

まとめ

イモビライザーキーは、車の盗難防止に効果的です。

日本ではあまり人気がないので、紛失時の対応などが通常のキーより難しくなってきています。

しかし、徐々にイモビライザーキーのキーを作る業者が増えています。

イモビライザーキーに加えて、車のキーを紛失した場合は、ディーラーにキーを尋ねるのには時間がかかります。

日常的に車を使用する人は、生活に問題がありますので、近所に対応できる業者がいる場合は対処しようとしましょう。

関連記事

ページの先頭へ