賃貸の鍵紛失!交換費用は大家さんか自己負担かどっち?

それ?

バッグに入れるべき鍵はありません…. ….

それは大きな事件になるでしょう。

あなたが部屋に入っていないと困ってしまいますし、レンタルで鍵を紛失した場合、それはさらに問題になるかもしれません。

トラブルを避けるために、状況を適切に処理し、最小限の損害に保つようにしましょう。

賃貸料喪失対策法①:損失領収書の提出

あなたが家賃の鍵を紛失したら、間違いなく紛失したアイテムの通知を最初に警察に提出しましょう。

後で管理会社に文書を提出するかどうかは、責任の問題として取り上げられることがあります。

おそらく配送される可能性もゼロではない。

私は運が良ければ幸いですが、一度紛失したことを管理会社に伝えるのを忘れないでください。

鍵重複の可能性はおそらくゼロではありません。

リースの紛失対策②法律:所有者または管理会社に連絡する

警察に連絡した後、管理会社に連絡しましょう。

「鍵があるので一致する鍵があるので大丈夫ですので、厄介なことはありません」と義務違反を起こす可能性が高いため残しておきます。

さらに、鍵なしで賃貸物件の鍵を紛失した場合、「私は怒ってはいけません」と「私は鍵を新しく変更しなければならない」と恣意的に交換することは絶対にありません。

すべきではない。

賃貸物件の所有者は貸し手にいるため、鍵の交換には貸し手の許可が必要です。

落としたり盗まれたりする危険があるので、鍵の複写も禁止されています。

キーについては、適切に報告することが重要です。

許可なしにキーカードを製造する余裕がないと言う人もいますが、キーカードの番号は厳密に管理されており、歴史は残っているので明らかです。

許可なくキーを作る行為が禁止されているときにやめましょう。

リース③のロス対策:シリンダーからキーを交換する

家賃の鍵が失われたとき、管理会社と家主はしばしば鍵を持っています。

当分の間、私は家に入れようと思っていますが、鍵を見つけたとしても、それが見つからなくても鍵を変更する方が良いです。ドロップされたキーを使用して空のハッチが入る可能性が高いためです。

そして、掘り下げが入ったときに借り手が責任を負う可能性が高いと言えます。

キーを交換するときの費用

あなたが借りるための鍵を失った場合、鍵を交換するコストを負担する必要があるのは借り手です。

国土交通省賃貸住宅標準契約(改定版)においても、

“シリンダーの交換を含む紛失の場合・鍵の紛失があった場合、経過年数は考慮されておらず、借り手の負担は交換費用と同等である。

このように明確に述べられています。

どのくらいのお金が鍵の種類によって異なります。

共通エントランスのある物件の場合、1万円から2万円までは10万円以上あるかもしれないので、それをなくさないように日常から守りましょう。

鍵がなくなって部屋に入っていないとどうしますか?

賃貸の鍵を紛失した場合、管理会社または家主に連絡する際には、通常マスターキーまたはキーがあるので、それを開くことはできますが、キーを持っていない可能性があります。

鍵を持っていない場合、または管理会社に連絡できない場合、所有者は鍵を開くことはできず、鍵を入力することはできません。

連絡を取らずに業者を呼び出すときはいつも、管理会社、家主にそのことを知らせましょう。玄関の鍵交換はいつでも見積可能です。

まとめ

私がいつも持っている鍵を失うと、私は驚くでしょう。

その時、被害を最小限に抑えるために静かに対処する方法が決定されます。

欲求不満になるとすぐに深呼吸をしてみましょう。

管理会社や家主に連絡できず、部屋を開くことができない場合は、業者と静かに連絡を取りましょう。

キーを交換するときは、候補者を募集して納得のいく交換をお願いします。業者がない場合は、さまざまな業者を比較するよう提案してください。

関連記事

ページの先頭へ